お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。

新着の芸術家

Micro data

< 368nmileに込めた想いや作品のモチーフ > ・遠く離れていても十和田のことを想っていること ・十和田の風景や自然をモチーフにしていること ・自然の中でも特に水にインスピレーションを得て描く作品が多いこと ・368nmileの絵を通して十和田市(青森県)に貢献する  まだまだ駆け出したばかりですが、応援よろしくお願いいたします。 

芸術家ページを見る
Micro data

世の中の出来事や自分の内面(精神面など)

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0
face累計パートナー数
0
Micro data
face累計パートナー数
0

生と死をテーマに平面、立体、インスタレーションなど制作しています。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

Kannaは「儀式としての絵」を生む、国内外で活躍するアーティストである。 そして作品ができる過程を彼女は「祭り」と呼んでいる。 茨城の雄大な自然に囲まれて育ち、 絵を描く事で自分の中の何かを表現するようになる。 そして作品は、彼女の自我を超えていった。 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」 これはゴーギャンの遺作のタイトルであると同時に人間の根源的な命題である。 芸術に宇宙科学、量子力学、分野や時代を超えて、 ヒトはこの大きな問いの答えを求めている。 そしてその全貌がわかる日は来ないのかもしれない。 しかし、私達は確かに感じるのである。 命の誕生、またたく星、自然災害の時でさえ、 壮大な、人知を超えた何かを感じるのだ。 地球上には色々な宗教や信仰がある。 現代の科学により、宗教は力を弱めたという声も聞くが、 今こそ必要なものではないだろうか? 彼女はアーティストとして、儀式としての絵を生む。「祭り」を行う。 命、宇宙、全てのものを創造した何かを想う祭り。 Kannaは絵の具に砂、土を混ぜ、手で本能的に描く。 前の絵柄を消す事を恐れない。 人知を超えた「何か」に、尊敬を抱きながらする儀式。 彼女の祭りにはリハーサルなど無いようだ。 2019年4月、彼女が東京藝大に入学して半年後、 元サザビーズジャパン代表柴山哲治氏がオークショニアを務める藝大オーク ションに出品・落札される。 また、お江戸「上野・浅草まつり」や、「 OTEMACHI ART Lab powered by GEIDAI COI」 「art.0 一芸術と都市の誕生一 」にて製作。 2020年8月にはニューヨークのチェルシー「Noho gallery」にてライブペイント予定である。 ​ (JCAT.com より引用)

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

芸術やARTと聞くと、高尚で一部の人にしか理解できない。表現であったり価値観のように感じている人が多いのではないでしょうか。 ですが、私は芸術やARTといった表現方法はすごく身近なもので、誰もが幼少の頃より持っている、嬉しい。楽しい。寂しい。悲しい。恥ずかしい。などといった感情を「素晴らしい。」に変換する方法の一つだと考えています。 そして、私は感じる心が人を豊かにするのだとも思っています。高尚で一部の人にしか理解できないのではなく、誰もが身近に芸術やARTや「素晴らしい。」があれば人は豊かになれると信じています。

芸術家ページを見る
face累計パートナー数
0

あれこれ考えて描くというよりは直感的に筆を執り、理屈ではない「なんか良い」を大切にする。 日本文様「七宝」をモチーフに、流動的なラインを描く。 無限に重なり合う輪(和)は調和・円満・ご縁といった願いが込められ、人と人との繋がりは金銀財宝と同等の価値があるという意味を持つ「七宝」。 「重なり」「連なり」「繋がり」をテーマとするそのラインを日常風景の柄として周囲と調和させる事で、人と人や場所を繋ぐ懸け橋になればと活動中。 http://ryu616.weebly.com

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

色から受けるイメージと言葉を線画と色で表現しています。 見る人によって受け取るものを好き好きに想像してもらえたら幸いです。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

ニュージーランドとアメリカのイリノイ州とフランスなど世界各地に在住し 今年はチェコに引っ越しヨーロッパを中心にアーティスト活動を続ける予定でいます。 半分はITエンジニアで生計を立てながら展示活動を続けています。 エンジニアなので、デジタルアートなど動くアートも制作可能です。 展示するアートは、 自分で一眼レフで世界各地で撮影した写真 と、手描きイラスト女性の顔を多く描きます。 銀線、金属と切り絵、貼り絵の手法も駆使し 透明樹脂を流すこともあり、少し盛り上がった 半立体が融合した複雑な作品を作っています。 立体とも平面とも分類出来ない デジタルなのか、 完全にアナログアートでもない、 独特なジャンルの作品を作って世界各国で展示活動しています。

芸術家ページを見る