お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。
Micro data
Data渋田薫

アーティスト

remove_red_eye609 PV

現代美術(平面)

作品

活動テーマ

アートは私にとってモーツァルトの音楽です。

音楽家と協奏するように絵画を制作します。
音は私の聴覚と視覚を結びつけ、それはまた私の心を色鮮やかに描きます。
また、その土地のエネルギーと気候の独特の空気と意識を読み、それを作品にします。
J・S・バッハはクラシック音楽の旧約聖書です。
ベートーヴェンが哲学を凌駕するように作曲したならば、私は私の絵で形を与えることを約束します。

Residency project
2020
May Baltic Gallery of Contemporary Arts, Poland
Aug Espronceda Center for Art and Culture Barcelona
Dec ASP Curatorial Program, Indonesia
2019
Oct 『Eine kleine nachtmusik』Lake Studios Berlin Resident artist, Berlin
Aug Kyoto Re-search residency project 2019, Japan
Aug 『Todd's Delight』Kinokuni Trainart, Japan
July 『St.SONIC』NCCA National Contemporary Center of Art , Saint-Petersburg, Russia
March 『Astro』Cassis Artist Residency, France

Exhibition
13 - 24 Sep Kronos Art Festival, Centre d’art Santa Mònica Barcelona
5 - 8 Sep Art Fair Asia Fukuoka 2019, Japan
25 May Art Lover Ground #13 Center for Art and Culture Espronceda
4 May Cruixent, Valid World Hall Barcelona
19 Apr - 4 May 『Line maze』Uspace gallery, Taipei

芸術家を支援する

パートナープラン

継続して支援ができるパートナープラン。渋田薫さんのパートナーになって、今後の活動を支援しましょう。

Micro data
音楽の絵を制作 小品

¥4,073(30日更新/税込)

残り:7名

card_giftcardリターン内容

サンプル画像(サンプル画像です。実際にお送りするものとは異なる場合がございます)

音楽をテーマにした作品 2点

A4サイズ

水彩紙にアクリル、インク、色鉛筆を使用します。 曲は季節感やその時に取り組んでいるプロジェクトにより決定させていただきます。 毎月違った作品をお届けできると思います。 紙状態でのお渡しです。
Micro data
音楽の絵を制作 キャンバス

¥7,129(30日更新/税込)

残り:7名

card_giftcardリターン内容

サンプル画像(サンプル画像です。実際にお送りするものとは異なる場合がございます)

音楽をテーマにした作品 1点

キャンバス作品 F3号

キャンバスにアクリル、インク、色鉛筆を使用します。 紙作品よりも描き込みますので深みがでます。キャンバスですのでそのまま飾ることが出来ます。 曲は季節感やその時に取り組んでいるプロジェクトにより決定させていただきます。 毎月違った作品をお届けできると思います。
Micro data
音楽の絵を制作 大

¥7,129(30日更新/税込)

残り:7名

card_giftcardリターン内容

サンプル画像(サンプル画像です。実際にお送りするものとは異なる場合がございます)

音楽をテーマにした作品 2点

A3サイズ

水彩紙にアクリル、インク、色鉛筆を使用します。 A4よりも大きくなる分、線に勢いが出たり、ダイナミックな構成になることが多いです。 曲は季節感やその時に取り組んでいるプロジェクトにより決定させていただきます。 毎月違った作品をお届けできると思います。 紙状態でのお渡しです。

 meceloに登録中の様々な芸術家をご紹介しています。是非お気に入りの芸術家を見つけてみてください!

meceloで、できること

継続支援

月額制の「パートナープラン」にはいり、支援することで、毎月設定されたリターンを受け取ることができます。

購入

作品を購入することができます。また、その作品へのコメントをつけることで、芸術家と作品について語りあうことができます。

クローズドな交流

芸術家とのより深いコミュニケーションを楽しみ、つながりを得ることで、もっと作品を理解しあじわうことができるかもしれません。