お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。
¥5,000(税込・配送料込)

購入手続きへ進む

mecelo

この作品をつくられた動機やきっかけ、コンセプト、制作中のエピソードなどを教えてください

Data 1fcba4d6 60ff 46cd af67 ccf891093e8e入透

今日と明日の間にはいつだって穴が開いていて
それに足をとられた空飛ぶものたちが、海へ落っこちて夜になる
翼が生えるはずだった場所に手足をくっつけて、目も塞いだのが私たち
声の通る場所だけが、いつまでも数字でなにかを叫ぶ

「応答せよ、応答せよ」
「あなたの手紙の筆跡を、また、見失いました」
「相棒のライオンはサボテンを齧るのにうんざりしています」
「どこへ行くのかだけ、教えてください」

泣き方を隠したときからずっと、金属音が鳴り響いている
古い車のクラクションが削った昼間に躰をねじこんで、ほんのすこし、天使に戻ったてのひら
たぶん、誰かに見つかりたかったわけではなくて、
ただ、自分がしあわせな景色になっていくのを、穏やかに笑って見送りたかった

「応答せよ、応答せよ」
「脳みそが半分、水族館から逃げ出しました」
「ドロップスを拒んだあの子はいつか、帰り道を見つけられますか」
「どこへ行くのかだけ、教えてください」

消えていくものがまばたきをする
思い出せない約束がどこかを指差す
安売りのハッピーエンドが中指の2㎝先で砕けて
時限式の世界平和がバックパックの中で身じろぎをする
"誰かでありたい人は、誰かであれる場所です"
それがやさしさだったなんて、言いたくなかったけれど
絶対、言いたくはなかったのだけれど
今日、空飛ぶものたちが

海を越えて

「応答せよ」
「応答せよ」

作品情報

制作年本体サイズ在庫数発送までの日数配送方法その他
2020年200mm × 280mm × 1mm17日以内に発送ゆうパケット※A4サイズのアクリル水彩画です。 ※簡単な額装をして梱包いたします。