お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。
11

かわいいだけじゃない!ポップなビジュアルとテーマのアンバランスさこそが私の作品【前編】

ちょっととぼけたような表情が魅力的なブタの絵を描いている甲斐えるさん。ブタはとくに好きではないという甲斐さんが、ブタという対象をどのように捉え、なぜ作品にブタを描くのか、お話を伺いました。

絵は好きだけど、あくまで「伝える」ための手段だと思っていた

—— 絵はいつ頃から描いているんですか?

絵は、小さい頃から好きでした。幼稚園のときに、先生に絵本を作ってプレゼントしたことがあって、母からも「将来は、絵本作家になれたらいいね」なんて言われていました。その後もずっと描くことは好きで、中学・高校と美術部に入って、大学も美術系に進学して、卒業後もデザイン系の仕事に就きました。

—— 小さな頃から変わらず、ずっと好きなんですね。

はい。でも大学を決めるときに、絵とは全く関係のない進路も一度は考えました。でもせっかく4年もかけて何かを学ぶのであれば、自分の好きなことを学びたいなと考え直して、最終的には美術系の大学に進むことにしました。

美術系に進路を決めたときは、漠然と将来は美術の先生になろうかなって思っていました。でも、大学でデザインを学び始めたら、デザインにすごく興味を持ってしまって。ゼミもデザイン系を選択して、卒業後はWEBデザインの会社に就職しました。

06

—— 大学ではデザインを専攻されていたんですね。絵はずっと好きだったけれど、作家になろうとは考えていなかった?

これまで、作家になろうと考えたことはなかったです。小さい頃は、ぼんやりとですけど、絵本作家になろうと考えていたことはあります。でも大学では、原 研哉さんや北川一成さんに憧れて、グラフィックデザイナーになりたいと思っていました。

大学でデザインを選択したのも、もともと作品を芸術としてみせるというよりは、芸術という手段を使って、ものごとを「伝える」ことに興味があったからなんです。中学の時にポスターコンクールでよく賞をいただくことがあったのですが、おそらく、その頃からデザインをすることが好きだったんだと思います。

甲斐えるさんの作品

きっかけはストレス発散、でも手応えを感じて作家の道へ

—— デザインの方に進んで、そこからどんなきっかけで絵を描くように?

社会に出てから、大学の友人たちとグループ展示を企画するようになりました。みんな働き出してからの方が、絵を描きたい欲求がでてきたというか、まぁ、たぶんストレスが溜まっていたんですよね(笑)。日頃のストレスを創作で発散したい!って感じで、グループ展の話が進んで。今でも年に1度は、大学のメンバーとグループ展を開催しています。

—— それをきっかけに、甲斐えるさんも作品を作られるようになったんですね。

はい。私の創作活動もそこから徐々に広がって、そのうちに個展も開催するようになりました。個展も、やってみたら楽しいというか、知らない方が自分の作品を買ってくださったことがすごく衝撃で、嬉しくて。「こんなに嬉しいことがあるんやったら、もうちょっと絵を頑張ってみたい!」って思うようになって、本格的に作品作りを始めました。

—— 何かしらの反応があったことで、もっとやってみたい、もっと頑張ってみたいと思うようになったんですね。ところで、ブタはいつ頃から描くように?

大学の卒業制作で、3部作のポスターを制作したんですが、その中にブタをモチーフにした作品が1つありました。ブタの始まりは、その卒業制作ですね。

その後、社会人になってグループ展を開催するとなったときも、迷わずモチーフにはブタを選んで。サラリーマンとOLのブタが「ランチタイムだ!やったー!」って、喜びながら跳びはねてる「ランチタイム」という絵を描きました。

05

ブタを “ブタとして” 描こうとしているわけではない

—— なぜ “ブタ” なのでしょう?

そうですよね(笑)。よく「ブタが好きなんですか?」って質問をいただくんですけど、特別に好きというわけではないんです(笑)。じゃあ、なんで描いているの?というと、ブタが描きやすいというのが一番の理由です。

自分では、ブタは人間の代わりとして描いているところがあって。人間と同じように、ブタの肌もはだ色だから、というのがミソなんですけど。たまに「ブタなのに意外とスリムだね」なんて言われることもあるんですが、そもそもブタらしいブタを描こうとはしていないんです。

—— ブタではなく、人間の代わりなんですね。

社会に出てから知った言葉で、すごく衝撃的だったのが「社畜(しゃちく)」という言葉だったんですが、その言葉を聞いて、なんとなく描いていたブタと「家畜」という言葉とが結びついたんです。

そもそもブタって、動物のイラストやキャラクターの世界では、イヌやネコ、ウサギ、クマなどに次いで、割りとメジャーな動物だと思います。でも他の動物キャラは、ペットや動物園にいる “動物” としてイメージされることが多いのに対して、ブタはどちらかというと “お肉” や “家畜” としてのイメージの方が強い。

—— たしかに。お肉、家畜、ぜい肉...(笑)。そんなイメージがありますね。

「このブタっ!」みたいに、よくない意味で使われることもあります。そういう意味で、ブタってなんだか不思議な存在だなって、いつも思っていたんです。

ブタの記号化されているところが、自分の表現にはマッチする

—— 逆に好きなモチーフはありますか?

小さい頃は、それこそ人間ばかり描いてました。周りからも「あなたは、本当に人を描くのが好きだねー」ってよく言われてました。人がいっぱい登場するような絵本も好きでしたね。

今でも人間は好きです。でも、なぜかブタを描いてしまうんですけど(笑)。

09

—— 人間の姿のままを描かないのは、なぜなんでしょう?

人間だと、リアル過ぎるところが嫌なんだと思います。どんな性格なのか、どんな服が好きなのか、そういった人物像を細かく設定しないといけないと思っていて。

その点ブタは、あの鼻と尻尾と蹄(ひづめ)があれば、ブタだって簡単に認識してもらえる。記号化されているところが扱いやすいというか、重い感情を絵に吐き出すこともあるので、キャラクターは特定の誰かではなく、記号的なものがいいなと思って描いています。

—— では、甲斐えるさんが人間を描くことはない?

実はひとつだけ、人間の出演を許可した作品があります。昨年(2017年)のグループ展用に描いた「a new friend」という作品に、人間の女の子を登場させています。描いた後は、「ついに、人間がやってきたぞ!」という感じでした(笑)。

—— 人間がやってきたぞ!って(笑)。その表現がおもしろいですね。

そうですね(笑)。自分でも発見のあった作品だったんですけど、今まで人間とブタを合わせて描いたことがなかったので、私が描いてきたブタってこんなサイズ感なんだ!とか。食べ物の中に入っているときのブタはもっと小さいんですけど、基本のサイズはこんなものなのかな、とか(笑)。

04

—— なぜ、この「a new friend」には人間を登場させようと思ったのでしょう?

トリやウシなど、ブタ以外の動物も、徐々に作品には登場するようになってきてはいたんですが、“人間の代わりとして描いているブタ” と “人間” とを一緒に描くことには、ずっと抵抗がありました。

でも今後自分がどんなことをやっていきたいのか、どんなことに挑戦したいのかを考えたときに、まず浮かんだのが絵本制作でした。では、作品をどうやって絵本に展開させていくのかって考えたら、やっぱり絵本には人間に登場してもらいたい、ブタと仲良しの人間のお話を描きたいって。

自分の表現の幅を広げていきたい、ブタだけに縛られることなくいろんなモチーフを描いていきたいという思いがあって、この絵では人間を登場させました。

文・写真:mecelo編集部

後編では、かわいいブタの絵に隠された意外なテーマや、どのように作品を生み出されているのか、甲斐える作品の “真髄” に迫ります!

甲斐えるさんインタビュー 後編はこちら

パートナーを募集中ですあなたも、甲斐えるさんの創作活動を支援しませんか? パートナープランごとに素敵なリターンが用意されています。
Icon甲斐える

ブタ絵描き / イラストレーター