Background
有村佳奈有村佳奈

画家/ARTIST

remove_red_eye1996 PV

作品

活動テーマ

私は「夢と現」が入れ交じる世界を創造することを探求しています。目に見えている世界だけが全てではない。夢も、ファンタジーも、狂気も、毒も、頭に浮かび上がったものは、自分にとってのリアル。乙女と世界と生と死と日常を絵描く。

【作品について】
近年、女性が兎の仮面を被っていたり、目元が隠れた表現が多く、赤い唇が印象的になる、可愛くもどこか毒のある絵画を展開しています。
また作品発表の際は、同時に作品の解説書をひとつひとつに付けています。「絵とタイトルと文」とセットになることで作品の世界が仕上がると考えています。

【プロフィール】
1985年鹿児島生まれ。2008年に女子美術大学芸術学部デザイン学科を卒業。卒業制作作品では女子美術館収蔵作品賞を受賞。TAGBOAT取扱作家。主な個展として、「Everyday Wonderland」アートスペース羅針盤(東京、2014)、「きっといつか夢から醒めてしまうね。」アートコンプレックスセンター(東京、2017)、今年も10月2日から7日までアートコンプレックスセンターで開催予定です。主なグループ展としては、「Landscapes」ondo(大阪・東京、2018)、「PINK GROUP EXHIBITION」CLOUDS ART+COFFEE(東京、2018年)、3人展アートスペース羅針盤(東京、2015)、「POP UP GENTLEMAN」阪急メンズ館 (大阪、2014年)。
またイベントにも参加しており、「アートストリーム2017」大丸(大阪)」ではホルベイン賞を受賞。2012年のシブカル祭内のコンペ「シブカル杯」に選出(東京・渋谷PARCO MUSEUM)。
2018年からイラストレーションの仕事もスタート。現在、大阪在住。

芸術家インタビュー

大好きなものばかりが、作品には凝縮されているんです ー それが相手に一番伝わる方法だから【前編】

赤とピンクで彩られた部屋。ウサギの仮面を被った、ちょっとエロティックな乙女たち。「現実と夢の間(はざま)」をテーマに、独特な世界を表現しつづける有村佳奈さん。作品には、大好きなものが凝縮されているという有村さんに、表現へのこだわり、表現したい世界へのこだわりについて伺いました。

芸術家を支援する

有村佳奈さんのパートナープラン。パートナーになって、今後の活動を支援しましょう!

Background
【限定配信】気まぐれウサギのスケッチブック

¥300(30日更新/税込)

人数無制限

card_giftcardリターン内容

気まぐれウサギのドローイング(画像データ) 1点


(サンプル画像です。実際にお送りするものとは異なる場合がございます)

毎月初旬に、「気まぐれウサギのドローイング」と称した、パトロン様限定のドローイング画像をプレゼント。

どんな絵が飛び出すか、自分でもわからない。
ドローイングはまさに一期一会。
気まぐれに色を重ねていく・・・・・。
気まぐれウサギのドローイング。


画像サイズはA4サイズなので、お家のプリンターで印刷してファイルにまとめていくと「気まぐれウサギの作品集」としてお楽しみいただけます。

月の始まりが楽しみになるような、ドローイング作品をお楽しみに!
また、作品とともに解説ももちろんご一緒にお届けします。

・解像度:300 dpi
・サイズ:A4(2,500px×3,500px)

気まぐれウサギ日誌

作品制作裏話から、好きな作品・作家のご紹介などを気まぐれに、そして、赤裸裸に、コラム形式でご紹介。パトロンの皆様に語りながら、「自分なりのアート論」を深めていきます。