お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。

2020.09.16サービス終了のお知らせ

Red Room

    こちらの作品は非売品です

    mecelo

    この作品をつくられた動機やきっかけ、コンセプト、制作中のエピソードなどを教えてください

    Icon有村佳奈

    映画に影響されて描くことがよくあります。
    この作品もそのひとつです。


    <作品詳細>
    制作年|2017年
    サイズ|273 × 410 mm
    Canvas/Acrylic paint

    <作品解説>
    「だって仕事より大事なことがたくさんあるの。」
    職場の支配人に言い切る主人公の言葉に、
    ぐっときたことが今でも心に強く残っている
    ジャン=リュック・ゴダール監督の「女は女である」。
    この世で一番好きな映画だ。
    その映画からのオマージュ作品である。
    好きな映像はリピートして観るため、
    頭の中に自分の体験かのように
    色濃く“自分流”にアレンジされて残る。
    そうやって自分をつくる一つの要素に変わっていく。
    そして時々夢の中に登場する。
    ランプを持って歩く“彼女”の姿が。
    映画の中の彼女なのか、それとも自分なのか、
    ‘なにか’を探して歩き回っている。
    きっとまたこの夢を観るのだろう。