お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。

雲龍図団扇

¥7,500(税込・配送料込)

購入手続きへ進む

mecelo

この作品をつくられた動機やきっかけ、コンセプト、制作中のエピソードなどを教えてください

Data cfe97b7f 5595 415e ab68 be164cdfc96d鎌田 沙織

クーラーも無い時代、団扇は夏場の涼を得るために欠かせない存在だったと思います。
単純に扇いで涼しくなるだけではなく、その見た目もまた涼を感じさせるものだったでしょう。
今でも団扇が傍らにあるだけで、涼しくなるような気がしてきます。

こちらの団扇は、一枚一枚、本物の切絵を扇面に貼り、制作しています。
墨で書いた型を使用して制作し、同じ型を使用しても細部は全て違う1点物です。

古来、日本人は身近なものに縁起を担いで、良い意味を持つ模様や動物などの絵柄をあしらって来ました。
「雲龍図」もまたその一つ。
雨を降らせて田畑を潤す龍神。
また天に向かって運気が上がるように、勢いが増すように、という昇り龍。
邪気を払い、悪いものを寄せ付けぬようという、八方睨みの龍。
雲が湧き、これから龍が現れるという「雲龍図」は、物事がこれから始まり、良き方へ向かう様を表します。

夏に水不足や疫病の流行といった、悪い事柄が起きぬよう、龍神に願いを託し団扇に仕立てました。
見て、そして使うことで、用の美を感じていただける作品になればと思います。

【団扇のサイズ・仕様】
サイズ:370mm×240mm (最も長い辺)
素材:杉柄、竹、和紙
切絵の素材:越前和紙(黒)、黒谷和紙(墨手染め)など

作品情報

制作年本体サイズ在庫数発送までの日数配送方法その他
2020年370mm × 240mm × 7mm212日以内に発送ゆうパック郵便局が休業日の場合、ヤマト運輸での発送に変更する可能性がございます。