お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。
Micro data
Data竹本真紀

美術家

remove_red_eye45 PV

作品

準備中

活動テーマ

「子どもの頃の記憶」をテーマに作品制作をしています。
「子どもの頃の記憶」と一言で言っても、今自分が目にしている子どもの記憶だったり、自分自身の子ども時代の記憶であったり、自分自身の中にいる子どもの自分の記憶であったりと様々です。
また、その記憶は、人間だけでなく、物質であったり、場所であったりもします。
そうなると、「子ども」の定義ってなんだろう。というところにも行き着きますが、それぞれが持っている本質的な部分、最も正直で素直な部分のことを、私の作品の中ではさすのかもしれません。
最初は、自分の中にある子どもと対話しながら作品制作していましたが、それはまちへ飛び出し、他者が関わることで、私が想像もしなかった多様な価値を与えられる存在となりました。
自分の価値観をこえるためにも、まちと関わりながら作品制作を始めたところ、私の作品はどんどんまちへと広がっていき、いつの間にか細部にも入り込んでいることがあります。
それは、私だけのものではなく、それぞれの心の中にあるものとして、存在しています。
私は子どもの頃、他者とのコミュニケーションが非常に困難でした。
しかし、絵を描いていると人が集まってきて、自然と友達ができるようになり、ちょっとずつ対話ができるようになりました。
ですから、今でも、絵を描いたり、ものづくりをしたりすることで、様々な方とコミュニケーションをとっています。
その過程のなかで、様々な感動を得、多くの方と分かち合ってきました。
「アートってなんとなく敷居が高い」と感じる人がいたり、税金をアートに使うなんてと批判的な人がいたり、生活の中で一番あとまわしにされたりすることもありますが、少しでも多くの人と、アートを通じて感動や、ワクワクを分かち合いたいと思っています。
そのために、自分自身の技術や芸術性を高めつつ、少しでも多くの方にアートに親しんでもらえる面白い仕掛けを日々考察しています。
また、ひとりでも多くの人が自分で自分の足で立てる強さを持てるヒントを提供し続けたいと考えています。
それは、やはり、自分の中の核になっている「子ども」の部分が重要な鍵になってきます。
表面的な優しさや励ましではなく、お腹にすっと入って、少しでも元気がでるような表現をしていきたいです。

芸術家を支援する

準備中

 meceloに登録中の様々な芸術家をご紹介しています。是非お気に入りの芸術家を見つけてみてください!

meceloで、できること

継続支援

月額制の「パートナープラン」にはいり、支援することで、毎月設定されたリターンを受け取ることができます。

購入

作品を購入することができます。また、その作品へのコメントをつけることで、芸術家と作品について語りあうことができます。

クローズドな交流

芸術家とのより深いコミュニケーションを楽しみ、つながりを得ることで、もっと作品を理解しあじわうことができるかもしれません。