お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。

新着の芸術家

Micro data
face累計パートナー数
0

古典に立脚した書の創作を基軸・原点として、『線』を最小単位とした抽象絵画を創作し、純粋な心象世界を表現する。

芸術家ページを見る
Micro data

自分自身の生き方や海から得る人間の本質的なライフスタイル衣食住をテーマに、個性的な人物にフォーカスを開始。ポートレート撮影、風景撮影、カタログ撮影、雑誌撮影、WEB広告撮影、プロダクト撮影、水中撮影、海外プレイヤーのエスコートなど数多く携わるようになる。現在国内と世界各国の国際交流プロジェクトに参加、現地の文化や環境問題、ライフスタイルの撮影を取材。作品を国内外で発表し個展や雑誌、WEBマガジンに掲載している。またカメラ講師の活動開始、旅や撮影で得た様々な事を教壇伝える活動をしている。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

 2011年に東日本大震災が起こった。東北や関東の大学に在籍していたことから他人事とは思えず、彼は深い不安を感じ、何かをしなければならないと考えた。だが、何もできず、結局、祈るために自分の手を描き始めた。この時に、satoは芸術家として活動を始めることを決意した。この時にsatoの芸術活動は祈りと同義となった。  芸術活動を開始する際にsatoと名乗ることに決めたのは、アノニマスでありたいと考えたためである。satoの作品は独自性が強いと思われるが、現代の芸術で行われていない技法、手法はもう無いとsatoは考えている。そのためsatoは独自性というものを重視していない。その代わりに他の誰かの代弁者でありたいと願っている。そのためには作家の顔が前面に出ることを嫌う。Sが小文字であるのもそのためである。  また、同じ理由から、satoは現代芸術家を自称するが前衛芸術家とは自称していない。 主な略歴 1996 千葉大学大学院博士課程終了。工業デザイン学専攻。博士(工学) 2011 現代芸術家として活動開始 2014  個展 sato+Lahir=2014(Brown Books Cafe南二条店 札幌) 札幌国際芸術祭同時期開催事業 2016 「40m Tsunami」屋外展示(創成川公園 札幌)(毎日新聞3月12日朝刊にて紹介) 第16回アイディアの美学賞受賞 2017  グループ展 100人展(Ouchi gallery, NY)     個展 Love & Peace & Happy(Ouchi gallery NY) 2018 個展 sato JAPAN TOUR TOKUSHIMA 2018(徳島県立近代美術館ギャラリー) 2019 Art Olympia 2019 準佳作 2020 sato JAPAN TOUR 名古屋 (予定) その他個展、グループ展国内外で多数。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

私の活動テーマは 『終結恐怖』です。 意味は完成を恐れること。完成してしまえば後は廃れる道を歩むしかない。 ならば完成を保留し、いつまでも変化し続け、向上する作品や自身を目指そうという考えです。 誤解を招かぬよう付け加えておきますと未完成のまま妥協して作品を仕上げてしまえという意味ではありません。矛盾して聞こえますが作品はあくまでも完全なる調和のとれた作品に仕上げることを 目指すものです。 完璧を目指してもなお完全なる美の対象は芸術家の一歩先を走り続け、捉えることは不可能な存在として永遠の追いかけっこをする事を求めてきます。 私はその覚悟のもと制作を行い、世界に作品を投じるという賭けに出て行きたいのです。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

人の心に寄り添えるような、そんな絵を、生き方をしていたいと思います。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

コンピュータ、デジタルカメラは、絵を作るときの頼りになる相棒です。 大切にしているのは、偶然、です。コンピュータを操作して、自分が「あ、なんかいいな」と思えるポイントまで作ります。 作っていると自分でも、正直なところ、なにが出来上がるのか、よくわからないんです。 でも、「あ、できた」という瞬間が訪れるのは自分でも不思議です。 コンピュータと一緒に、これからも、おもしろいなぁって思えるものを作っていきたいと思っています。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

私の絵のモチーフは、木や星など自然のものです。 それは、私が自然の中にいると とてもここちが良いから。 そのここちよさを絵に表していきたい。 それを共有してもらえたら嬉しいです。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

シンプルな線の強弱、組み合わせでオリジナリティ溢れるポップアートの可能性を探っています。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

日本の伝統工芸や技術は、これまで口伝や親族への継承で守られてきましたが、それが故の衰退や現代社会の実用性から無用となりつつある今、その固定観念の殻を破り、もっと広く世界の若い世代から注目されることができれば、その結果多くの化学反応が起こり、日本の伝統文化芸術が新たな境地へと昇華されパンデミックするのではないかという思いから、未来につながる伝統技法を創造する。その活動・制作しています。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

心の底に隠された風景があるのです。 温かくて 優しくて ちょっと切ない そんな情景を心の底から取り出しくる作業です。 神様が愛する命たちが 笑って 泣いて 抱きしめて ただただ愛しい 「すこやかでありますように」と 祈りを込めて

芸術家ページを見る