お使いのブラウザは動作保証対象外です。詳しくはこちらをご確認ください。

新着の芸術家

Micro data
face累計パートナー数
0

古陶への挑戦、自然釉焼締の魅力と伝統から生まれた日本文化の継承、発展。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

色鉛筆のおもしろさはシンプルなのに奥深さを秘めているところです。 紙・鉛筆・消しゴム と誰にでも扱える道具ゆえに 紙質、色鉛筆メーカーの選び方で画風が変化します。 色鉛筆は対象物を細かく描き込む繊細さ、 色変化の柔らかさに秀でているため 細密画によく使われます。 私の絵は対象物を細密に描きつつも、 それを見た時の自分の心の風景を重ね合わせ、 その表現の為にさまざまな画材を組み合わせていきます。 そして色の厚み、深さ、マティエール等の変化が織りなして行く 調和を目指しています。 講師活動をしながら作品制作を続けています。 生徒さんとの交流にも刺激を受けながら 絵を描く幸せを大切にしていきたいと思っています。 http://chie-art.net

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

感情を源とした絵を水彩絵の具で描いています。 モチーフも下書きもなく、感じるままに色を選び、筆を動かす...こころを紙に映し出すような感覚で描いています。 私の絵を観ることで、喜びや癒し、ほっとするなど、その人にとって心地よい感覚を感じてもらえたら何より嬉しいです。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

「子どもの頃の記憶」をテーマに作品制作をしています。 「子どもの頃の記憶」と一言で言っても、今自分が目にしている子どもの記憶だったり、自分自身の子ども時代の記憶であったり、自分自身の中にいる子どもの自分の記憶であったりと様々です。 また、その記憶は、人間だけでなく、物質であったり、場所であったりもします。 そうなると、「子ども」の定義ってなんだろう。というところにも行き着きますが、それぞれが持っている本質的な部分、最も正直で素直な部分のことを、私の作品の中ではさすのかもしれません。 最初は、自分の中にある子どもと対話しながら作品制作していましたが、それはまちへ飛び出し、他者が関わることで、私が想像もしなかった多様な価値を与えられる存在となりました。 自分の価値観をこえるためにも、まちと関わりながら作品制作を始めたところ、私の作品はどんどんまちへと広がっていき、いつの間にか細部にも入り込んでいることがあります。 それは、私だけのものではなく、それぞれの心の中にあるものとして、存在しています。 私は子どもの頃、他者とのコミュニケーションが非常に困難でした。 しかし、絵を描いていると人が集まってきて、自然と友達ができるようになり、ちょっとずつ対話ができるようになりました。 ですから、今でも、絵を描いたり、ものづくりをしたりすることで、様々な方とコミュニケーションをとっています。 その過程のなかで、様々な感動を得、多くの方と分かち合ってきました。 「アートってなんとなく敷居が高い」と感じる人がいたり、税金をアートに使うなんてと批判的な人がいたり、生活の中で一番あとまわしにされたりすることもありますが、少しでも多くの人と、アートを通じて感動や、ワクワクを分かち合いたいと思っています。 そのために、自分自身の技術や芸術性を高めつつ、少しでも多くの方にアートに親しんでもらえる面白い仕掛けを日々考察しています。 また、ひとりでも多くの人が自分で自分の足で立てる強さを持てるヒントを提供し続けたいと考えています。 それは、やはり、自分の中の核になっている「子ども」の部分が重要な鍵になってきます。 表面的な優しさや励ましではなく、お腹にすっと入って、少しでも元気がでるような表現をしていきたいです。

芸術家ページを見る
face累計パートナー数
0

平和の基盤である自然との共生き。 美しき愛・いのち。 生かされていること、すべての本質が等しく、 つながり合っていることを感受してから世界が変わり、 その一部として生きたいと思うようになりました。 他のいのちに生かされ生きていること、 すべての存在がいのちでつながっていることー。 それらを感じることができたら、 自分のことも、同じいのちある他の存在のことも、 大切にすることができると信じています。 美しきいのちの記録。 “自然とヒトと”を写し、 自然とヒト・人と人のつながりを記録し、 分かち合うことを活動のテーマとしています。 すべての出逢いとつながりに感謝して…。

芸術家ページを見る
Micro data

理由はわからないけれど惹かれるもの。 取るに足らないものに思えても、当人にとって重要なもの。 私にとって「青い」がそれです。 青い色、、青い音、青い言葉。 理由は描きながら探します。 それよりもまず「青い私」でありたい。 そして、青い私が青いあなたと出会うことで生まれる作品をともに喜びたい。 そんな思いで活動しています。 青いあなたはどんなあなたですか?

芸術家ページを見る
Micro data

眺めていると ぜひ本物を見たくなる 自分で育ててみたくなる もっと知りたくなってくる そんな写真を撮りたいのです 自然の中にあるものは どれもこんなに美しい ヒトには絶対作れない ヒトは自然に叶わない  そんな気持ちになるヒトが 増えればきっと 今の自然は守られる そういう思いをもっています モチーフは ごくありふれた草花 野菜 虫や動物 暗がりに 何かと何かが置いてある たったそれだけ 季語のある 俳句のような写真です だからこそ 心の深いところに届く そんな写真を撮りたいのです 私の絵筆は小さなカメラ 絵の具は実物 季節のモチーフ ちょっとシュールで ありえない でも うそはない 合成なんてしてません あれこれ工夫をして撮れば 写真に命が宿るはず そう考えて 今日もまた 絵を描くように 撮っています

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

表現者としてこれからも、平面絵画をかきつづけます。皆様に幸せと驚きを届けるために。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

自分の想像力、あるいは文学や哲学的なもの、音楽に基づくものに惹かれます。 伝統的な絵画の境界を熟考し、想像の一時的で儚い性質を包み込むような。 肉体、精神、感情的な身体と心、そして内存する現実と共鳴するような。 物の擬人化と原型の探求、神話や古代の物語、聴覚や無意識の精神に存在する視覚的な象徴やエネルギー的な印象から発展させたものがイマジネーションになります。 これらの形態はとても原始的で、ひとが誰しも持っているものであり、解釈が容易であると考えます。 絵を描くことは私の表現の核であり、とてもシンプルな方法です。 パターンを作成し、気分や感情を伝えることを目的として、繰り返し一定の期間を同じコンセプトで作業する傾向があります。 その目的は、遷移と変換、連続性と変化、デザインに焦点を当てながら視覚的なリズムと動きの感覚を確立することです。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

見る人の心が少しでも温まる作品を撮っていきたいと思っています。 スナップ、風景など多種多様です。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

「装飾性」と「空気」を主題に絵画を描いている。現代の精神病理性、アンビバレンツな危うさを装飾性に置き換えて表現している。絵描きというのは芸術だけではなく異なる学問にこそ触れているべきだと考えている。

芸術家ページを見る
Micro data

アナログでは主に「孤であること」や「孤独や生きづらさの肯定」をテーマに描いています。自分の感情をもとにしながらも、個人的で内向きなものになりすぎず、自分を癒すことで自分に似たようなひとを少しでも癒せたらという思いがあります。 デジタルでは「同性愛」「ジェンダー」「理想像」をテーマに、モノクロ中心で自分が好きだと思うファッションやトレンドを描いています。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

自然界の文様を表現することで、伝わるものがあると思います。 グラデーションの追求。本当の心の落ち着きとは・・・。

芸術家ページを見る
Micro data
face累計パートナー数
0

生と死、光と闇など、アンビバレントな要素の間で揺れ動く人間が主たる作品のテーマ。 師である画家・松浦章博氏の元で禅と現代美術を学び、宇宙における人間の在り方を模索しながら作品を制作。 文学、哲学、宗教学、民俗学からも影響を受け、独自の美学を追求している。 これまでロンドン、札幌、東京で展覧会を開催。

芸術家ページを見る